手作りでカフェテリアをやりませんか。東京、神奈川、埼玉、千葉のカフェテリア

カフェテリア,社員食堂,設置の知識情報

手作り社員食堂、学食 旭洋物産株式会社

TEL(0424)82-9811
FAX(0424)82-9890
info@shokudo.co.jp

冷凍食品は美味しいですか

試みにですが。 毎日、お夕飯に冷凍食品のお惣菜を食べ続けたら、どのような感じになるでしょうか。 とても簡単に試すことができると思います。

(冷凍食品を長く常食すると体に良くない、などという根拠はありません。 また、当サイトにおいてもそのようなお話をするつもりはありません。)

今、社員食堂を委託すると、メインディッシュの食材には冷凍食品が多く使われることでしょう。 それが至極当然な感じで、日々に給食業務が進んでいきます。

ところで古い話ですが。 今から10年前までは、冷凍食品はなるべく使わないで、というクライアントさんが多かったと記憶しています。


手作りで社員食堂を運営すると、コストが余計にかかる

現在、完全手作りで給食の運営をすることは、難しくなりました。

その理由。 第一は、調理技術者が育ちにくくなったこと。 第二は、手作りを評価して下さるクライアントが減少してきたように見受けられることです。

手作りは「 高級 」であると思います。 というのは、高級レストランに食事に行けば、冷凍料理はすべて手作りだからです。 手作りは、コストがかかるやり方でもあります。

私自分は、しょっちゅうは冷凍食品を食べたくないと思います。 ですから、お客様にも、冷凍食品を出したくない、と思っております。


本当に格好良くなりたいですか。本当のキレイになりたいですか

しゃれたデザインの社員食堂。ハイテク厨房、パソコンによる個別の栄養指導。 そういったものがなければと言われるなら、ごめんさい、このサイトはお役に立てないです。

キレイ。格好良い。それらは、皆様が利用する「設備」よりも、体に備わっているほうが良いのでは、ないでしょうか。

つややかな肌、匂わない口臭。体の中の健康が、外に現れたものです。良い食事によって改善できます。健康なうちは、何事もお化粧や薬品にばかり頼りたくない。とお考えなら、このサイトもご覧になって見てください。

はじめにお断りいたします。
私たちが提供するメニューがすべて、ダイエットや健康食というわけではありません。体をキレイにする食事もあわせて提供できるということです。 グルメで、素敵な欧風料理の味。それでいて、完璧に体に良いお食事のことについては、知識がありません。


無駄な、お金をかけずに、良い給食をする

近年、給食施設のイメージがとても高級化しているように見受けられます。

高級レストランのような内装が必要なのでしょうか。 豪華な環境を作らねばならないとしたら。 社員食堂の設置のハードルが高くなるとしたら。

もともとは、社員の皆様が、きちんとした食事をすることが、社員食堂の目的ではないでしょうか。

外食での食事が内容が、価格に比べ、栄養面で偏りがち。 あるいは、社員様の良い健康を維持という大事な目的を達成したい。 そのためには、良質な社員給食は不可欠だと信じております。

給食運営(竹クラス)の運営費用(/月) 簡単計算モデル

給食費は大きく分けて、次の2項目です。
1) 食材費 : 食事の材料調達原価 個人負担が原則です
2) 加工費 : 調理人件費と諸費用 会社負担として経費に計上


社員食堂の食材費

項目 食材費 食数/日 食数/月 材料費/月 備考
朝食 250円 15食 300食 75,000円
定食(A B) 330円 120食 2,400食 792,000円 ご飯,汁,小鉢付
カレーライス 230円 15食 300食 69,000円 サラダ,スープ付
ラーメン 200円 15食 300食 60,000円 野菜,味噌,叉焼
うどん・そば 180円 30食 600食 108,000円 天ぷら,山菜,月見
特別定食 500円 5食 100食 50,000円 来客弁当等
200食 4,000食 1,154,000円



ページトップへ


食材から食事への加工費とその他のサービス費用

コメを洗って、美味しく炊飯したり、豚肉のロースの切り身から豚カツを作ったりする費用。盛付や、清掃、などの費用です。主に人件費です。

職名 給与/月 交通費/月 間接人件費/月 月間人件費 備考
調理師 280,000円 20,000 120,000 400,000円
ヘルパー 90,000円 6,500 19,300 109,300円
ヘルパー 90,000円 6,500 19,300 109,300円
460,000円 33,000 158,600 618,600円



給食会社諸費用、報酬

栄養計算、献立作成、メニュー提案、保険料、白衣等の諸経費、それに給食会社の報酬です。

上記、管理費用の総額の、30パーセントから50パーセント位が相場です。
また、(扱う食材費用の総額) + (管理費用の総額) X (何パーセント) = (報酬) という計算もあるようです



ページトップへ


社員食堂のおかず、いつもの冷凍食品に、飽きていませんか
既製品、冷凍食品のお惣菜ばかり食べてて、平気でしょうか。

現代のビジネスは、価値の創造。エスキモーに氷を売る式の発想と、実践がテーマになっています。 食におきかえて見ましょう。

厚生省の栄養成分表が普及したころ、野菜の栄養価は今よりずっと高かったです。それから品種改良により、農業の生産性は飛躍的に高まり、農家の収入も増え、労働は短縮されました。消費者の利益よりも、生産者のためになりました。

代わりに、「畑の土」がついていなくて、形が揃った野菜が手に入りました。野菜のうまみは失われました。昔よく漬物を手作りしていた人なら、昔と同じやり方で漬物を作ろうとしても、うまくつかってくれないことを知っているとおもいます。

同じことが、食全体に起きています。大衆魚だったアジは高級魚になりました。以前は良く取れた白身魚が海から消えていきます。雑魚として漁船の上で選別され、そのまま海に放棄された魚の一部が、冷凍食品になったりしています。

家庭でお母さんが手作りで作ってくれた食事は、だんだん冷凍食品にかわります。そのせいでしょうか、多くの人が重要な栄養が不足していると感じていらっしゃるのでは。それが栄養補助食品ブームとなっているのです。いぜんは要らなかったものが、必要になったのです。

給食に携わる私たちも、時短をせまられました。外食、給食に拘わらず、メニューの種類は多くなっていきます。労働生産性のたかい冷凍食品は欠かすことが出来なくなりました。

私たちの主張は、「あれも、これも冷凍食品で置きかえられないだろうか」という、ビジネスの効率指向ではありません。

「あれも、これも手作りで置きかえられないだろうか」というポリシーなのです。

ページトップへ






Prev | Home | Next




Copyright(C) 1999-2000, kyokuyo-bussan All Right Reserved.